切開法で幅広い二重に整形したい奴は人生終わる覚悟を決めろ

みなさん
こんにちわ


この記事を読めば

「あなたが整形で幅広二重にしたいなら人生を懸ける覚悟が必要な事」

がわかります。


二重整形で幅広二重にしたい人は見てください。

幅広い二重とは?

幅広二重とは


佐々木希ちゃんや

吉川ちえちゃんのような

とても幅広い二重のことを言います。

日本人で、幅広二重は珍しく、西洋人等によくみられる二重の形です。

切開法で幅広い二重にするとどんなメリットがあるのか?

そんな芸能人の方に多い幅広二重なのですが、


次は具体的に幅広二重にするメリットを紹介していきます!

  • 顔の彫りが深くなり美形に見える
  • 圧倒的に化粧が映える
  • 目が大きく見えるようになる

まとめると「一般的に美しいと言われる西洋人」の顔に近づくことが出来ます。


芸能人では上記した「佐々木希ちゃん」の他にも「中条あやみちゃん」や「有村かすみちゃん」「山本美月ちゃん」などかわいい子はみんな幅広二重です!


では、なぜこの幅広二重に整形するのに「人生終わる覚悟」で行わなきゃいけないのかを説明していきます!

幅広二重の切開法の整形がなぜ人生を終わらせるのか?

なぜ「幅広二重」に整形すると「人生が終わる可能性」があるのかを書いていきます。


一言でいうなら

「二重整形の失敗する原因は大体幅広二重を希望したから」

なのです。
もっと簡単に言うと

「幅広二重はとても整形で失敗しやすいのです。」

これは何故かというと
我々は日本人だからなのです。
更に

「幅広二重の修正はお金がかかるし難しい」

幅広二重の修正はとてもお金がかかるし難易度が高いです。
まず先になぜ日本人は幅広二重が向いていないのか?を解説していきます!

なぜ日本人だからって幅広二重が駄目なの?

日本人が幅広二重がオススメされない理由は3つあります。

  • 日本人は瞼が分厚い
  • 蒙古襞が張っている
  • 顔の彫りが浅い

順に解説していきます。

日本人は瞼が分厚い

日本人は人種的に瞼が分厚いです。瞼が分厚いと瞼を整形した時に厚い皮膚と厚い皮膚がぶつかり合って「分厚さ」が強調されます。簡単に言うとハムみたいな目になります。ハム目っていうのはこんな感じの目です↓

もし幅広二重にしようとしたらこんな目になるかもしれません。

蒙古襞が張っている

日本人は生まれつき蒙古襞が張っています。大体の日本人は蒙古襞が原因で一重です。逆に西洋人は蒙古襞が無いので二重の人が多いです。


蒙古襞がある人が、その蒙古襞を超えて幅の広い二重を作ろうとしたらとても不自然な目になります。誰が見ても整形だと思われる目になってしまいます。

彫りが浅い

日本人はあまり彫りが深い人はいませんよね?むしろ浅い人が多いくらいです。そんな人が急に目だけ彫りが深い「幅広二重」になったら、それはもう不自然な顔になってしまいます。初めて会う人にもこの人整形していると思われてしまう事もあるでしょう。

幅広二重+切開法=修正地獄に陥る

幅広二重は修正がとても難しいです。


幅が狭い→広くするのはそんな難しくないですが、その逆はとても難しいのです。というのも

  • 脂肪を瞼に入れなおさなきゃいけない
  • 皮膚を切除しなければならない
  • etc…

など様々な幅を狭くする方法の中から最適な修正方法を選ばなければならないからです。とても技術力の高い医師でもうまくいく保証はないです。その為、満足した結果を得る事が出来ず何度も修正しなければいけなくなります。


もちろん修正するたびに値段は上がりますし、その過程で皮膚を取りすぎたりすると目が閉じられなくなることもあります。「幅広二重」はとてもリスキーなのです。

また、修正するたびに6か月腫れが引くまで待たなければいけません。

【写真あり】私の悲惨な二重整形の失敗談

切開法で幅広二重をしたい人は以下のことを覚悟しよう

それでは簡単にまとめていきます。

  • 日本人は体質的に幅広二重が向いていない
  • そんな日本人がやったら整形丸出しの目になる可能性がある
  • 修正地獄になる人は大体幅広めで二重を作った人
  • 修正手術は難しいしお金がかかる
  • 埋没法ならすぐ二重がとれる

「整形丸出しの目」「修正地獄」
この二つは人生を終わらせるには、十分な要因です。


もちろん、せっかく高いお金を掛けているのだから本当に幅広二重にしたいならそれはそれでいいと思います。


ただ、現実として今回紹介したようなことになる可能性は考えておきましょう。

切開法って将来メンテナンスは必要?

切開法はこの医師にやってもらうのが確実な件